貸金業者の届け出は出ている?

私たち個人にお金を融資してくれる企業・業者はいくつもの種類が存在します。「銀行系のカードローン」や「クレジット会社等の信販系ローン」、それから消費者金融会社による貸金業者が代表的です。

 

貸金業者は誰しもが運営できるわけではありません。国の法律に則って、貸金業者として国から認可されている業者のみが運営できます。この法律を無視して、独自のルールで金融業を営んでいるのが闇金業者です。そのような業者からは絶対に借り入れを行ってはいけません。

 

以前は消費者金融と言えば雑居ビルの一角に店舗を構えており、そのような所からお金を借りることはもの凄く恥ずかしいことであるというような意識が強かったです。もちろん今でもそのような意識は残っていますが、ずいぶん和らいだのは事実です。大手消費者金融会社のほとんどが銀行系の傘下に入り、コンプライアンス強化に努め、サービスや品質が格段に良くなりました。

 

今ではすごくキレイなビルに店舗を構えるところも少なくなく、昔と比較すると利用しやすい雰囲気になっていると言えます。もし消費者金融業者から借り入れを行うのであれば、絶対に大手がおすすめです。中小の貸金業者よりも金利は安く、接客等のサービスも良いです。中小の消費者金融業者の良さは、大手では借り入れできなかった人たちであっても、独自の審査を行うことで融資がおりる可能性があるというものです。

 

もちろん金利は高めになってしまいますし、接客サービスとしては大手よりも質が落ちてしまうことでしょう。しかし、貸金業者として国から認められている業者であれば、法外な金利を要求されることもありませんので、その点は安心できます。決して、どんなに困っても正規の貸金業者以外からは借りてはいけません。