貸金業者にも様々な種類があります

お金を借りる際は少額であれば親族や知人に借りることも多いですが、ある程度まとまった資金が必要な場合は貸金業者に借りることが一般的です。

 

どの貸金業者を利用するかも決めておきたいですが、貸金業者も銀行や消費者金融、信販会社など様々な種類があります。
急いでお金を必要としている時はできるだけ早く融資を受けたいですが、急ぎの際は消費者金融もよく選ばれています。

 

消費者金融は個人向けの小口融資を行っており、無担保で貸し付けを行っているのが特徴的です。

 

かつては高額な金利が問題となり、現在でも過払い金請求などは積極的に行われていますが、
現在ではグレーゾーン金利もなくなり、より低金利で借り入れができるようになっています。

 

総量規制の対象となっていますので、その人の年収の3分の1を超える金額の融資は行われません。

 

そして借入をする際には安定した収入があることも条件です。
総量規制以上の借入をしたい場合は総量規制の対象外となる銀行の借入を利用することとなります。

 

銀行では様々な借り入れ方法が用意されていますが、手軽に手続きができるカードローンも人気となっています。

 

クレジットカードも現金を持たずに買い物ができる便利なサービスですが、ショッピングだけではなくキャッシング機能を付けることもでき、
限度額の範囲内であればATMを利用してすぐに現金を用意できるのも便利なところです。

 

キャッシングの機能のついたカードを発行している場合は貸金業の登録が必要ですが、
キャッシング機能がない、ショッピングのみに使えるカードを提供している業者は貸金業の登録は行われていません。

 

いずれの貸金業者で借入をした場合も元金はもちろん、利息もつけて支払っていく必要がありますので、利用の際は返済計画はしっかりと立てておくことが大事です。